つぶやくふたり

talk about housing

科学ですまいを考える

高性能住宅と窓

S:こんにちは。今日はI邸の窓の手配でお世話になった、佐竹さんにゲストにいらしていただきました。佐竹さんはYKK AP(当時の社名は吉田工業株式会社)に新卒で入社して以来、ずっと窓の分野でご活躍です。佐竹さん、よろしくお願いします。 A:佐竹さん、よろしくお願いします。早速質問ですけれど、なぜ吉田工業株式会...

エアコンで除湿が始まったところ
教えて志水さん

諦めるしかないの?鎌倉のカビ問題を考えてみるpart2 〜失敗だらけだった我が家の除湿⁈〜

A:今日は、以前にコラムにしていた、カビ問題の話を再び取り上げてみようと思います。 S:おお、なぜ今? A:このホームページのデザインをしてくれている方と打ち合わせしたら、やってくる方々が、カビ問題のコラムを多く読んでくださってることがわかりまして、新築ではない既存住宅にも役立つ情報をお話しした方がいいかな...

鎌倉市西御門I邸完成イメージ
科学ですまいを考える

鎌倉で高性能住宅を建てる!I邸プロジェクト⑨〜現場見学会の前に性能について学ぶ〜

高性能住宅を作る技術 A:志水さん、今日は前回の続きで、I邸の現場見学会の見どころ、性能編ということでお話ししていきたいと思っています。 S:はい、前回はどちらかというとデザイン寄りの話でしたもんね。性能の話をする前に、僕らが加盟している新住協(新木造住宅技術研究協議会)という団体について少しご説明した方が...

くらしとすまい

最近、間取りはそれほど重要じゃないと思うのです

A:おはようございます。つぶやくふたりで話すのは1ヶ月ぶりですね。この間、愛媛に行ったり、換気の勉強をしたり結構忙しくしていました。 S:そうですね、亜紀さん、また色々理解が深まったんじゃないですか? A:今日のテーマを最初「家事のしやすい動線ってどうなんだろう?」と決めたときは、まだ素敵なプランに結構意識...

科学ですまいを考える

実はとても大事な換気のおはなし 3 物理で問題を解決するくらし

A:去年の夏の終わりに、エアコンの大掃除をしました。引っ越して丸2年使った壁掛けエアコンも床置きエアコンも、なかなかに汚れていました。掃除をしてくれたのは夫ですが、機械を分解したり、また戻したり、やりにくくて結構手間がかかる…。私一人では無理だし、夫婦とも年取ったらできないなあ、と感じました。 H:そう、エ...

科学ですまいを考える

実はとても大事な換気のおはなし 2 換気の本当の目的は?

S:空気清浄という観点で話をすると、空気清浄機があるから換気は気にしなくて大丈夫、という話も出たりするかと。空気清浄機と換気システムについて、教えてください。 H:空気清浄機と、換気システムで言う空気清浄は違う次元の話をしていると思いますね。換気でいう空気清浄の話は『希釈』を基本の考え方にしています。室内の...

科学ですまいを考える

実はとても大事な換気のおはなし 1 第1種換気は理想のシステム?

A:志水さん、こんにちは。先日の愛媛出張はありがとうございました。 S:いえいえ、色々勉強になりましたねー。亜紀さん、ほんと楽しんでいましたよね。 A:もう、家のことになると、楽しくてしょうがないんです。妄想が止まらないというか、、しかも、私の妄想を現実化してくれる志水さんが一緒にいるわけで、自分の脳が2つ...

住宅の未来

どうやら日本の住宅はガラパゴス化しているらしい。というわけで、「世界標準のすまいづくり」について聞いてみる

会津亜紀 (以下A):こんにちは。今日のテーマは世界基準のすまいづくりですか! ずいぶんとまた壮大なテーマですねえ。  志水龍(以下S):壮大なテーマですが、身近な問題でもあるんですよ。亜紀さん、携帯や家電のガラパゴス化って聞いたことあるでしょう?日本国内の市場向けに技術開発に頑張っていたら、気づいたら世界...